【高校中退】勝ち抜くための就職ガイド

 高校中退から就職をするにあたって、まず考えることはどのような目的で就職をするかです。どのような職業につきたいや、スキルアップをはかりたいなど、目標をしっかり持つことが大事です。就職をする心構えとして、就職後にどのような自分になりたいのかイメージをすることです。プランがしっかりとしていれば、進むべき方向が明確で、求人を探す上でも的確に選択できます。

 

 高校中退者の就職活動を実際に行うには、求人情報を探すことから始めます。求人はハローワークやインターネットの求人サイト、新聞やフリーペーパーなどから情報を入手できます。有効な求人が無い場合には、じっくりと待つことも必要になります。人材紹介会社に登録して求人を紹介してもらうことも有効です。中には非公開の求人がある場合もあります。

 

 希望する求人がみつかれば、応募をすることになります。応募書類として履歴書が必要になります。もし高校中退後に仕事をしたことがあるならば職務経歴書は書類選考をする上で重要な書類となるので、作成する際にはしっかりとアピールできるようにまとめることが大切です。

 

 書類選考を通り面接に呼ばれたら日程の都合をつけます。面接はもっともアピールができる場でもあるので、事前にしっかりと面接対策をして臨みます。質問される内容はある程度予測することができるので、事前にしっかりと答えを考えておき、本番前に練習をしておくと良いです。面接の時ははっきりと大きな声でアピールをするように努めます。

 

 高校中退して就職後転職する場合は前の会社を退社するタイミングとしては、リスクを回避するために内定をもらってから行うほうが安心です。退職願を出して円満退社を心がけます。そして新たな会社へ入社をします。

更新履歴